引っ越しの見積もりを安くしたいならこのポイントだけは最低限押さえる

引っ越しの見積もりを安くしたいならこのポイントだけは最低限押さえる

引っ越しの見積もりを安くしたいならこのポイントだけは最低限押さえる

 

引っ越しをするとなったときにまず出てくるのは「引越し業者から見積もりを取ろう!」
ということです。
ここで2つのやり方に分かれます。
一つは個別に引越し業者に連絡をいれて見積もりを取る方法。
もう一つはネットの無料一括見積もりなどを使ってまとめて見積もりを取る方法。
そのどちらであっても基本的に「見積もりを取る」ということ自体に違いはありません。

 

 

そして、この見積もりを取る上で大きな目的は「その料金」です。
安い!ということだけが重要なわけではありませんが、
費用を比べることも見積もりを取る上で大事なポイントになっています。

 

 

この時に抜けがちなのですが、
同条件で引越し業者から見積もりを取ることばかりに意識が行ってしまい、
この条件が変われば見積もりも変わる可能性がある」という部分です。
大抵の人は、既に引っ越し予定日を決めていることも多く、
決めた上で見積もりを立てることに違和感を感じません。

 

 

しかし、見積もりの金額というのは、
荷物の量や物件の立地や条件、距離で決まる部分もありますが、
一番流動性があるのが「引っ越し日」です。
いわゆる荷出し荷入れの日であり、時間ということになりますが、
これによってめちゃめちゃ料金が変わることがあります。

 

 

引越し業者によって引っ越しの繁忙期というのは多少前後しますが、
大抵が3月15日ぐらいから4月の最初の1週目ぐらいが繁忙期になっています。
この繁忙期は単純に「同じ引っ越し内容」で価格が倍以上になります。
同じ引っ越し内容なのに価格が倍以上になる理由は、
引っ越しが立て込むからです。

 

 

このため、価格設定が急激に高くなるわけです。
このため、この辺りに引っ越しの予定を持ってきている場合、
「1日の違い」で金額が全く違う、という現象を生み出します。
これはたとえ一社からしか見積もりを取っていなくても同じです。

 

 

大事な事は、引っ越しの業者によって繁忙期の時期が違い、
金額についても一様では無いということです。
また、仮に繁忙期で無かったとして、普通の時期に引っ越しをする場合でも、
このポイントは大事です。

 

 

さすがに繁忙期で無い場合は別ですが、
引っ越しをしようと思っている日が、
引っ越しが立て込んでいる引越し業者と、
暇な業者では見積もりの金額(割引額)も変わってきます。

 

 

つまり、引っ越し日を決める事自体は大事だけど、
それにこだわってしまうと、同じ条件なのに随分と金額が違う可能性を
捨ててしまっているということになります。

 

 

このため「引っ越しの見積もりをとる」という時に大事なポイントとして、
日付は決めるけど、最終的には引越し業者に引っ越し日時(安くなる日時)を
決めて貰う
ぐらいの気持ちで丁度良いということです。

 

 

もちろん、融通が利かない場合は別ですが、
知っておくだけで相当変わってきます。

引っ越しの見積もりを依頼する時も事前に日付について伝えておくという手もある

引っ越しの見積もりを安くしたいならこのポイントだけは最低限押さえる

 

引っ越しの見積もりを取るときに一社に決めている場合は別ですが、
そうでない場合、事前に上で挙げたようなポイントを伝えた上で見積もりを出して貰うことが出来れば、
さらに効率的です。

 

 

ただ、その場合、一括見積もりを行う事になるのですが、
普通の無料一括見積もりサイトでは難しいです。
これは、見積もりを依頼する段階で調整が難しいからです。
普通の一括見積もりサイトは、申込時に事細かく引っ越しの荷物などについて
情報を送ることが多いです。

 

 

あるいは逆に目安だけ送って、後は業者から連絡が来るのを待って、
訪問見積もりを受けるというケースも多いです。
いずれにせよ手間が多く、結局面倒になりやすいです。
こういうケースの場合は普通の一括見積もりサービスでは難しいのですが、
最近出てきた新しいサービスでは、最初にこの点を伝えることが出来ます。
そのサービスがこちら↓
1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここも無料一括見積もりサイトですが、普通の見積もりサイトとは違い、
サポートセンターという仕組みを使っています。
普通は最初に事細かく情報を送りますが、
ここの場合、最初に送るのは連絡先と希望連絡日時ぐらいです。

 

 

後は、サポートセンターから連絡が来て、
その時に初めて引っ越しに必要な情報を聞いてくれます。
この時に日付の部分と、「金額が安くなるなら、多少の前後はOK」的な
感じで伝えるようにします。

 

 

そうすると、サポートセンターの方で情報を整理して、
サポートセンターが引越し業者に見積もりを依頼してくれます。
この点も普通の見積もりサイトと違って、
普通は個人対引越し業者になるところが、
ここの場合は、個人 対 サポートセンター 対 引越し業者 となり、
直接引越し業者とやりとりする機会が少ないです。

 

 

その分、サポートセンターの人があれこれと算段を立ててくれる感じです。
こちら側に見積もりに関していろいろと条件や要望があるときは、
普通、一括見積もりサイトなどなかなか使えません。

 

 

その理由は、見積もり依頼後にいちいち引越し業者に要望を伝えないといけないという
面倒さがあるためです。
しかし、その部分にサービスを持ってきて、少しでも手軽に見積もりを取って貰うことで、
成約に繋げていこうという新しいコンセプトの元にサービスが展開されています。

 

 

引っ越し日に融通を持たせる。
これだけで見積もりの内容が大きく変わることがあります。
細かいことを直接伝えるのが難しい人ほど、
こういったシステムを持っているところは役立ってくれます。
少しでも良い引越しをしたいという人は使ってみてください。
詳細はこちらから↓